経過報告

以前話した盗撮の件ですが、全く解決していません。
前の記事を書いた時より大体の事情が把握出来たので、今回はその説明をしたいと思います。




事の発端は、俺がこのブログや芸人のブログコメント欄で芸人さんを褒めた事でした。
それが「あの女は俺達に気を持たせた」「他の男にもコメントしてるのは浮気だ」と逆恨みに繋がり、逆恨みした数人の芸人がTV局のスタッフに相談。
その後、TV局のスタッフが「浮気者の女に制裁を」と盗撮を始め、ついでに女芸人扱いが始まったという流れです。
(裸芸人的なドッキリ企画だそうです)


ちなみにTV局のスタッフには気を持たせる事を俺は全く言っていません。
会った事もないTV局のスタッフに何故制裁されなければいけないのか理解に苦しみます。


また、先述した芸人に対しては、褒めるコメントをしていただけ。
俺の解釈では、浮気というものはデートやセックスを伴うものを指します。
コメントをしただけで浮気と言うのはあまりにも理不尽ではないでしょうか。




そして気になるのが、俺に対して「浮気者には制裁を」と裸の盗撮を始めたのが、某局のプロデューサーでした。
俺はこのプロデューサーに興味が無いため、そのプロデューサーについて調べた所「不倫で泥沼離婚」という報道が真っ先に飛び込んできました。
不倫の期間は10年程。
お子さんが小さいそうなので、ほぼ100%お子さんを奥さんが妊娠している時に不倫をしていたと考えて間違いは無いでしょう。
非道にも程があります。
他人を罰する資格がありません。


泥沼離婚をするというのは、当たり前ですがセックスを伴います。
誰がどう見てもこのプロデューサーは「浮気者」です。
浮気者から「浮気者の女に制裁を!」と裸を盗撮され、関係の無い芸人や業界人に回し見されていた訳です。
言い訳の出来ない不倫をしている某プロデューサーから「浮気者のあの女はタダマン」だの「裸を回し見したからAV女優扱いでいい」だの罵倒されたという事です。
不倫したくせに図々しいにも程があります。
死ねばいいのに。




俺からすれば、事の発端になった芸人さんには恨みは無いので、話し合いで解決したいと思っています。
警察沙汰にすると真っ先に事の発端になった芸人さんが不利になるでしょう。
それはどうしても避けたい。




ただ、間に入った某プロデューサーや、気を持たせた事も無く、俺と関係の無い芸人が事態をどんどん悪化させている状態です。
気を持たせるコメントをするのが罪なら、裸やトイレの盗撮を回し見される事は、罪に対して罰が重過ぎます。




これらの事があり、俺はお笑いに見切りを付けました。
お笑いライブに行かなくなりました。
この何年かバラエティ番組なども見ていません。
持っていたお笑いDVDもペンチで割って捨てました。
お笑い業界が某プロデューサーを止められない連中ばかりなら、お笑いを嫌いになるのは当然です。
これからもお笑いに興味を持つ事は無いでしょうし、今回の件に関わったお笑い関係者には、謝られたとしても許す事はありません。


以前ライブレポートを書いていた時の出演者も、俺がタダ働き(宣伝になるライブレポート)をしなくなった事で逆恨みをしています。
全く面識の無いゴミ芸人に盗撮の回し見を率先して行っているようです。
このブログで以前紹介していたライブの主催者Aや、Gというコンビがそれにあたります。
未だに「高い交通費を払ってチケットを買ってライブに来い。そしてタダ働きをしろ」と圧力をかけてきます。
死ねばいいのに。




彼等は「女の形をしたタダ働きするサンドバッグ」が欲しいだけです。
そして俺はサンドバッグになるつもりはありません。




本当は解決してからまとめて報告したいのですが、関係の無い某プロデューサーや面識の無い芸人が全く反省をしていない状況では被害者が増えると思い、忠告として経過報告を書きました。
お笑いファンの女性にくれぐれも注意して欲しいのは、ライブハウスでトイレを使わない事、ライブハウスで出る飲み物を飲まない事です。
俺と同じ目に遭う人が居ない方が良いに越した事はありません。